近年、皆さんの健康への意識(高く持たないと成長できないといわれています)がかわりつつあると思います。健康に良いと雑誌やTVでも度々紹介されるようになったミネラルだからといって、そのなかでも特に注目を浴びているミネラル(人間が心身の健康を維持する上で必要となる栄養素です)が「バナジウム」です。そして、そのバナジウムを気軽に摂取するという方法の一つとして、「バナジウム水」があるのでしょう。「クリスタルガイザー」や「富士山のバナジウム天然水」などが気軽に手に入れられるバナジウム水です。それでは、バナジウム水にはどんな効果が期待できるんでしょうかか。バナジウムは人間の体内にはごく微量しか存在しない事が知られており、カルシウムやマグネシウム(未精製の穀物、例えね、玄米などに多く含まれています)と同じミネラル(人体には必要な栄養素ですが、摂り過ぎるのもよくありません)の仲間になります。これが不足してしまったりすると、人間の体に悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)を及ぼすことになるのです。昔からアメリカでは色々な研究が行われ、その結果として、バナジウムには血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)や尿酸値を下げる効果を持つ事がわかっているのです。血糖値(血糖ということもあるでしょう)を下げる効果があるという事は、インスリン(血糖値を下げ、血液中のブドウ糖濃度を調整しています)の分泌を安定させる働きもありますから、糖尿病の治療に良いのではないだろうかと考えられているんですね。さらに、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)や尿酸値を低下させるに限ったことではなく、中性脂肪(血液の中に存在するものの大半は、トリグリセリドだと考えられています)やコレステロール(ステロイドホルモンやビタミンDなどの原料になるため、必要不可欠です)をコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)する作用もあるので、成人病(成人してから罹病する病気の総称です)予防にも効果的そうです。だからと言って、バナジウム水のみを飲んでいればいいという問題なのではなく、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)や中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)でお悩みの方の場合には、生活習慣(生活する上での習慣をいいます)や食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)の改善をすすめられているかもしれません。その生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)の中で補助的な役比較的して、バナジウム水を積極的に意識して摂取していくといいですねー